武器は装備してるだけじゃ意味が無いぞ

林道ごっこシーズン真っ最中。
幾つかの装備品の中で、確認しておきたいのがこれ。
携帯用エアポンプ。
写真は使いまわしだけど、最近ちょこちょこセローが出撃してるので、念のために確認しておいた。
長いこと使ってないパンク修理パッチの状態と共に、携帯用エアーポンプの作動の確認を。

 

0620pump4

0528p1

実際にはベルクロ(マジックテープ)でさらに縛っておかないと飛んでいく恐れが有るけれど、バイクに装備出来るエアーポンプは林道ごっこには欠かせないアイテムだ。
Co2ボンベでも構わないんだけど。

 

GIYO(ジーヨ) 携帯用マイクロフロアポンプ [GM-71] シルバー IN-LINEゲージ 仏・米式バルブ対応

新品価格
¥1,980から
(2018/6/20 15:38時点)

GIYO(ジーヨ) 携帯用マイクロフロアポンプ [GM-71] ブラック IN-LINEゲージ 仏・米・英式バルブ対応 英式口金クリップ付属

新品価格
¥2,040から
(2018/6/20 15:39時点)

この手の携帯用エアーポンプは、米式と書かれてるタイプなら何だって使える。
自転車ブランドが出してる自転車用ポンプだって、米式に対応してるならトレールバイクに使える。
トレールバイクどころか、スーパースポーツから乗用車、果ては観光バスにだって使える。
だが、セローやXR250なんかのトレールバイクのタイヤにエアを満たすにはかなりのエア量が必要となるので、余りにコンパクト過ぎるのはお勧めしかねる。
現実的にトレールバイクに使用するには、有る程度の太さとフロアポンプタイプの使い勝手が必要だ。
きゅうりくらいの大きさの、スティックタイプのエアーポンプはとても大変。
反面、セローにはロードバイク(自転車)みたいな高圧は必要ないので、選ぶなら吐出量を優先するのが後悔しない選択って奴だろう。

 

ただ、それが何で有っても同じ事。
幾ら著名なブランド品で有っても、幾ら信頼と実績に裏打ちされてようと、イザって時に使えないと話には成らない。
これが自動車のエアバッグや戦闘機の緊急脱出装置を確認するのは中々に難しいが、エアーポンプなら簡単に確認できる。
そうそう滅多やらたと壊れるモノでもないけれど、山奥で得意気にパンク修理して、いざ空気入れようと思ったら空気が入らなかった、なんて悲惨極まりないからね。

0620pump2

まぁ普通に何事も無い。
壊さない限り、きっとそうそう壊れるモノでは無いのだろうと思う。

でも、いざ使おうと思ったら、プラスチック部品が壊れてたとか、ホースが裂けてたとか、内部のパッキンが壊れてたとか、なんて事は無い訳では無いので、確認はしておくに越したことは無いと思う。
Co2ボンベ派の人はその限りじゃ無いけれども。
そらそうよ。

 

You!
キミの使ってる携帯エアーポンプは、本当にエアーがポンピング出来るかい?

山奥で途方にくれたく無いなら、出撃前に一度確認しておこう。

 

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY