経験則

特に根拠も無く
論理的な説明も出来ず
数式で表す事も出来ない

でも、人は経験的に物事を判断出来る能力を持っている。
そこに論理的は理由は無かろうとも。

 

例えば制限速度80km/hの阪神高速湾岸線。
特に尼崎から六甲アイランド方面は概ねガラッガラな道なので、真昼間でも物理的には乗ってるバイクや車の最高速まで出す事は可能だ。
物理的にはね。

そんな道路において、前を走るこんな車を見かけた時、あなたはどんな判断をするだろう?

・車は白いセダン。
 スカイラインとかマークXとか、そんな類。

・ウインドウはやや色の着いたスモーク。

・なんとなく見える搭乗者は大人が2名。

・リヤウインドウには小さなアンテナが生えてる。

さて、こんな車が、ガラッガラの阪神高速湾岸線の左車線を、制限速度ピッタリの80km/hで走ってたら、あなたはどんな判断をするだろう?

1.特に何も考えずに抜き去る

2.法廷速度を超える事など微塵も考えないので素直に後に着く

3.何かの胸騒ぎを感じて後に着く

4.その他

勿論、最も正しい選択肢は『2』だ。
そもそも制限速度で走ってるんだから、それを抜く時点で法を犯してる事と成る。
ジェベル200だろうがZX-14Rだろうが、制限速度は皆一緒なので、最も正しい選択肢は『2』だ。

勿論私も『2』を選択するが、私のように一切制限速度を全く微塵もビタ一文超えない法令をストイックに遵守する人間ばかりでは無いので
『3』を選択する人もきっと多い事だろう。

何かの胸騒ぎを感じて後に着く。
トラックやファミリーのプリウスは抜くけど、これは何かの胸騒ぎを感じて後に着くって人も。

特に根拠も無く
論理的な説明も出来ず
数式で表す事も出来ない

でも、人は経験的に物事を判断出来る能力を持っている。
そこに論理的は理由は無かろうとも。

大人二人が乗ってたり、制限速度で走ってたり、アンテナ付いたり。
そんなセダンなんて、この世に履いて捨てる程居るだろう。
でもこの全てが合致した時、過去の経験、或いは何処からか刷り込まれた情報によってこう判断するのだ。

こいつはヤバい車やで
絶対抜いたらアカン車やで

と。

絶対抜いては成らない場合と、必ずしもそうでは無い場合も有るだろう。
でも抜かぬが安心。
男なら、スキっとヌキたい気持ちも解らんでも無いが、ここは我慢して別の機会に取っておくのが大人の嗜みって奴だろう。

と、今更物凄く手遅れだけど、阪神高速でそんな車を派手にブチ抜いたばかりに有り難い青切符を頂戴した人に、一体どのような言葉を贈ればその心は救われるのだろうかと、私は一人悩んでいるのだ。
ちょっと半笑いしながら悩んでるのだ。
60日免停と言う、自業自得ながら悲劇的な宣告を受けるで在ろう海の底のような気分の彼に、一体どのような優しい言葉を掛けてあげれば、そのやさぐれた心は救われるのだろうかと。
私は悩み、悩抜き、そして真剣に悩み苦しんでるのだ。
半笑い浮かべて鼻ホジりながら。

まぁ何だ、己の愚かさを悔いながら、免停講習に行ってくれたまえ。
ちなみに次は、あっと言う間に免許取り消しがやって来るので、1速でもちょっと開けたら免許が無くなるようなバイク乗るのは当面は控えた方がイイかと思う。
もっとも、覆面抜いたのはスズキのアトレーだかに乗ってた時なので、結局乗り物の性能の問題よりも人の問題がより深刻なのだけども。

経験則。
人は経験から学ぶ。
それを愚者と言うなら言って頂いても結構だけど、経験から学ぶ事は多い。
論理的な説明が困難な事象でも、経験から学ぶ事は多々有るのだ。
覆面臭いセダン然り、触っちゃダメなタイプの人間との関係しかり、踏んじゃならないリンク然り。
人は経験から学ぶ事が多い。
そこに論理的な理由は出来なくても。

リモコンの電池がヘタった時、蓋開けて電池をグリグリしたらまた使えるようになるよね

それについての論理的な説明は、私の中で確固たる物として構築はされていないのだけども
とにかく、なんか知らんけど電池グリグリしたらまた使えるって事は昔から知ってる。

と言う訳でかれこれ半年程、蛍光灯のリモコンの電池が怪しいまま電池をグリグリさせてその度延命してたのだけども、そろそろ本当に無理っぽいなと、そろそろ諦めて単三電池買いに行かねばならんよね。
と、まぁ今日書きたかった話は、上のたった数行に集約されることに、自分で自分にびっくりとりすな、そんな心境なのだよ。
ではまた。

追伸。
ヨドバシ.comで2本入り電池買った。
ヨドバシさんも配達の方も、120円程の買い物を通販してゴメンナサイな気持ちで一杯。
我ながら、どれだけ外に出るのが嫌なんだと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hondax4s より:

    こんにちは!

    家へ帰ると妻が妙にとがっている。
    言葉使いも荒く、物を置くドアを閉める音も大きい。
    こんな時は「近寄らぬ」
    会話は最小限にとどめ、進んで風呂掃除をする。
    これは経験で無く・・・本能だ。
    そして「早く時間を去ってくれ」と祈る。

    阪神高速3号線で「気づきませんでしたね」と笑顔で声をかけられた選ばれし者より

  2. ひろ より:

    ロボット工学の「みかん」博士に質問なんですが・・・

    我が家では長年、「リモコン電池グリグリ」の前に
    「リモコンを手のひらで叩く」もやるのです。

    同じ理由ですか?

    • TOMMY より:

      スパンキング効果と言う現象ですね。
      ローマの投石器の時代から、とりあえず叩いておけば意外とどうにか成る事は広く知られていた事です。
      ファミコンのカセットに息吹きかけるのも同様に、息吹きかけたらどうにか成る物です。

      ただし、通勤電車の車内で、前に立つOLさんの尻を叩いたり息吹きかけたりしたら、自分の人生がどうにか成ってしまうのでご注意下さい。