GAP~ギャップ~

GAP~ギャップ~

そのそもは隙間とか間隔とかって意味。
バンドギャップとか、プラグギャップなんて使ったりする。

 

だが世間一般ではそれよりも、印象と実際との差異の意味として捉えられる事が多いだろう。

殺人鬼みたいな顔してポメラニアン飼ってる人とか
ただのワゴン車のくせに5L-V10エンジン積んでるRS6アバント(2代目)とか
恵比寿様のようにニコニコしながら、指折らせてくれとか言う狂人とか

実際に居る場合も有れば、その存在があやふやな場合も有るけれども
ともかく、見た目の印象と中身が少々異なる場合。
日本では主に、それをギャップとの意で表される。
良くも悪くも。

閉鎖空間のSNSでウッフキャッキャしてたら、新たなバイク買うぜって、景気良い話題をぶち撒けた人が居た。

んなの勝手に買えばイイじゃないか!
って思うのだけども、バイクがバイクだけに情報を求めたいらしい。
Goobikeでの中古車情報以外にも、もっと気の効いた情報を。
あそこに売ってたぜ
とか
このパーツ付けろよ
とか
何人か居るSNSメンバーと、そのメンバーの周囲のお知り合いの方々のネットワークを使って、情報を集めたいらしい。
恋焦がれる、あのバイクの情報を。

0227x11

。新車・中古バイク情報のことなら【バイク、まるごと。グーバイク(GooBike)】!日本最大のバイク掲載台数を誇るバイク情報サイト!全国の新車・中古バイクが様々な条件で検索可能です。グーバイクならあなたにピッタリな1台が見つかります。
これ↑

............無理だと思うよ。
多分、乗ってる人なんか居ないし、私だって1回見た程度のかなりのレアアイテム。
多分情報収集は無理じゃ無いかと思う。

ホンダX-11
口の悪い人からはキングコブラと呼称されるホンダの珍車だ。

0227cobra

なお、コブラってコレ↑

でも実はコブラが好きで好きだ堪らん変態(褒め言葉)が周りに一人居て、彼に取ってはこのX-11も魅力溢れる一台なのだとか。
きっと同じ匂いを感じるんだろうと思う。
凡人にははかり知れない何かがそこに。

どうにも安直なイメージが付き纏う殻剥きバイクは敬遠される傾向が有るのだけども、この手の殻を剥いたバイクは見た目と裏腹に概ね性能は物凄かったりする。
このX11も勿論そうだ。
なんせ殻が有った頃は一時期世界最速とまで言われたCBR1100XXスーパーブラックバード。
名前も存在もとても華やかなバイクがベースとは思えない位地味だけど、100psにまでデチューンされてもその性能はやはり健在なのだ。
コブラとは違うのだよ、コブラとは。

ちなみに、スーパーブラックバードの殻剥いたバイクと書いたけれど、ミッションは5速に成りピポッドレスフレームに変更される等、このX11はただ単なる殻剥きバイクで無いのだ。
オリジナルと言っても良い程、手間とコストの費やされたバイクなのだ。
なんでわざわざそこまでコスト掛けて、こんな地味なバイク作ったかは知らないよ。
そんなのホンダに聞いてくれ。

と、そんな見た目は地味だけど中身は結構凄い、総合すると地味凄いバイクを買うぜと意気込んでる人が居る。
その見た目と性能とのギャップに、きっと心惹かれたんだろうと思う。
単に凄く安いからってだけな可能性も捨て切れ無いけれども。

重いから街乗りで面倒くさいけど、かと言ってツーリングはカウル無くて辛い。
サーキットは勿論不向きだし、加速は凄いと言ってもSSに比べりゃねぇ。
極まりなく地味な見た目からしたら性能は凄いけど、見た目がなぁ.....

と言う、世間の評価とのギャップはこの際気にしなくて良いと思う。
自分が好きならそれで。

あらー
えー
ひぇー

とか言われた。
家の前でご近所の奥さんに。

前回もちょろっと書いたけど、今日はちょっとした大人の付き合いにより、着物着て出かける予定の日だったのだ。
結局、近所に住んでる友人(のお兄さん)に車で送って貰う事に成ったのだけども。
その光景を見た近所の奥さんに

あらー
えー
ひぇー

とか言われた。

まぁ確かに、普段はジーンズ履いたり革ジャン着たりしてる事が多いけれど、私とてハレー彗星が接近する程度の頻度ででは着物着る事だって有るのだ。
少々のギャップが有る事に異論は無いけど、私はこの人たちに一体何だと思われてるんだろう?
とちょっと不安になりつつも、まだ女子高生の制服やバドガールやリラックマの着ぐるみじゃ無かった分だけまだマシだったかとも思ったりしてる。
それこそ人間性を疑われかねない所なのだから。
ギャップどころの騒ぎじゃ無いので、取りあえずは着物で良かったと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする