二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

ジョルジョ!嘘だと言ってよ!

   

 

急に頬を赤らめる、そんな時がある。

スーパーの駐輪場でも、姫路の街中でも、そして自分の家のリビングでも。

 

 

ある日、ご近所のスーパー、その駐輪場。

私は何時ものようにセローで買い物に来ていた。

 

セローをバイク置き場に停め、ヘルメット片手に店へ入ろうと歩いてたその時、こんな声が聞こえてきた。

『あれ、ハーレー??』

と、そんな声が。
笑いながら語り合う女性の、そんな声が。

ん?
と、見ると、そこにはチョッパーの姿。
チョッパーカスタム(50ccスクーター)の姿。
電飾着けてベチベチベチとみっともない音...勇ましい49cc直管エキゾーストノートを響かせる、すんごいハンドル付いてるチョッパーカスタムの姿。
あ、あれはチョッパーさん?

そう、実は知ってる人。
別に友達では無いけど時折顔を合わせ、時折会話を交わす良く知ってる人。
たまにディープパープルを爆音で掛けながらご機嫌さんで走ってるガレージの近所にお勤めのイージーライダーなおじさん。
通称チョッパーさん。
周囲にえらいもん見てしまった感を抱かせる男。

 

チョッパーだろうが、コスプレしてようが、ウォルマートの客みたいに尻出してようが、そんなの好きなようにして頂いて結構なのだけど、この場で声は掛けてくれないでと私は願った。
それだけはちょっとご勘弁をと、少し赤らめた顔を隠しながら足早にスーパーへと駆け込んだのだった。

 

 

随分前のまたある日、私は姫路のとある街角、コンビニの前に居た。
アイスクリームを片手に、台湾人何名かとコンビニの前に居た。

この日私は、台湾から来た人何名かを連れて姫路のとある工場へと出向いていた。
用件は、この台湾の会社と姫路の工場との打ち合わせ、その面倒を見る為。
私の非常にあやふやな英語力で通訳するのはとても不安なのだけど、放電加工だの何だのの話を適切に通訳してくれる人はそうそう見つからないので、まぁ仕方ないかと。
サッシャみたいな完璧超人はそうそう居ないからね。

一仕事を終えて自分の会社へと戻る途中、アイスを食べたいと言い出したので連れてきたのがこのコンビニ。
台湾にもファミマもセブンイレブンも有るのでわざわざ寄らなくてもって気はするのだけど、まぁ工場地帯に気の効いたジェラード屋なんて望めないので我慢しなさいって事で。
ガリガリ君もスーパーカップもMOUも嫌なら地元に帰ってマンゴーアイスでも食べなさい。
台湾には素晴らしいアイスが山ほど有るのだから。

そのコンビニで100円のアイス食べながらダラダラしてると、道路を挟んだ向こう側の歩道に、ジャージを着た青少年の姿が見えた。
その数3~4名。
皆、思い思いに派手な柄のダボダボのジャージを着てる。

うぉらぁーー
バーリバリバリ、バーリバリバリ
バーリバリバリ、バーリバリバリ

と、口々に爆音を口走りながら、3~4名の賑やかなジャージの集団は、夕方、工場地帯の片隅の歩道を、爆音口走りながら歩いていったのだ。

は!あれは徒歩暴走族!

 

正直、その時の私はその存在を知らなかった。
本当に知らなかった。
本当に驚いた。
バリバリ言いながら練り歩く人の集団が居るなんて思いも寄らなかった。
口バイク軍団が存在するだなんて。
そんなエキセントリックな青少年が居る事なんて。

なんだアレ??

 

でも、なんで口バイク軍団等と過酷な生き方を選択したのだろう?
家庭用太陽光発電訪問販売業(完全歩合)くらいに過酷な生き様を選んだんだろう?
もっと色々有るじゃ無いか。
サッカーしたり、野球したり、何なら自室に篭って魔法少女のアニメを見るのも良いだろう。
少なくとも、外を歩きながらバーリバリ言ってるよりはまだ行動に理解は出来るし、周囲に不可解を振りまく事も無かっただろう。
底知れない不安感を振りまく事も無かっただろう。

なんで口バイク軍団を...
子供の頃、私の部屋から見える裏の家の小さな裏庭で、時々カメハメ波の練習してたお兄さんに以上に見てはいけない気がする光景だ。
窓から見える裏庭でカメハメ波してた斉藤君(仮名)以上に見てはいけない物見てしまった感。
えらい物見てしまった感、天井を知らない。

 

What is it?

口と瞳孔を半開きにしながら私にそう尋ねる台湾からの客人。
台湾からの客人は、この口バイク軍団の行動が全く理解出来ない模様。
でもそれは私も同じ。
ココをご覧の皆様も、きっと同じ思いを抱えるだろう。
だから私もただ一言しか言えなかった。
頬を赤らめながらI'm not sureとしか言えなかった。

聞きたいのはコッチの方だよ。
いや全くえらいモノを見てしまったわ。

 

 

そんな気持ちが再び蘇ったのは、先日朝の7時からテレビ見てた時の事。
ヒストリーチャンネルの、古代文明は宇宙人が作ったんだよ、なんて番組を見てた時の事。

この日はなんと日本特集。
内容は石舞台古墳は宇宙人が作ったとか、前方後円墳が火星に有るとか、まぁ毎度似たような話。
舞台が日本なだけで、ペルーやエジプトやらと特に話の本筋は変わらない安定の展開。

朝っぱらからなんでそんなテレビ見てるんだと聞かれても、それはそれで照れてしまうのだけど、ともかくその番組を見てたら番組内でこんなようなナレーションが入った。

『日本の首相夫人はUFOに連れ去られたと言う』

と。

......
太陽パクパクさん、未だアナタは私たちを混迷の渦に叩き落すのね。
もう勘弁してください。

 

朝っぱらからえらいモノを見てしまった気持ちで一杯に成りつつも、これが全世界に放送されてると言う恐ろしい現実を前に、ジョルジョ!嘘だと言ってよ!と、頬を赤らめながら言いたい気持ちで満ち溢れた、そんなとんでもない朝を迎えてしまった私なのだった。

 

1124gio

ジョルジョ!嘘だと言ってよ!

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE