ババ・スクラブ

ガレージに行くと、(元)私のYZ250Fがちょっと改造されてた。
 
あ、そうそう、ついに売ってしまったのだ。
大分前に買ったけど、殆ど乗らなかったYZ250Fを遂に。
だから、(元)私のYZ250F表記。

これの前に乗ってた、鉄パイプ時代の250Fは本当に良く乗ってたのだけども。
時にモタード化されたもしつつ。
でも、このアルミは本当に殆ど乗らなかった。
年食ったってのも有るし、体壊したってのも有るし。
仕事は....仕事は、鉄パイプ時代より遥かに時間的余裕は有ったんだけども。

だから、このYZはどうなの?
と聞かれても、正直良く分からんとしか答えようが無かったりする。
正直スマンかった。

ただ言えるのは、今時のYZと違って良くも悪くもFCR。
インジェクションのネガなんて無くなった昨今から考えたら、悪い点しか無いかも知れない。
だから現行の同クラスモトクロッサーから見たら、その辺がネックに成るかも知れない。
走ってる時はどうか解らないけど、転倒時~再始動は違うと思うな。
でもそもそもこのYZすら乗ってない人間が今時の後方排気を知る訳も無いので、そんな事言われても解らないから仕方無い。
結局、正直良く分からんとしか答えようが無かったりする。
正直スマンかった。

ともかくそんなYZ250F。
FCRだったり、前から排気してたりと、若干の古さは否めないけれども、アルミフレームなので今もちゃんと戦えるとは思う。
バイクなんて結局はライダー次第。
特に民間人レベルの戦いならその傾向は顕著。

流石にサーキットにおいてCBR600F4で最新のCBR600RRに勝つのは難しいかも知れないけども、モトクロスなら話は別だろう。
前から排気しようが、モトクロスならそんなのお構いなしに互角に戦えるさ。
そこらの民間人同士の戦いなら全然問題ない。
全日本より上のトップクラスのライダー同士なら勿論別だけど、そこら走ってる人の間ではその程度の差は何も関係無いさ。

それに、最新型を旧式で倒すってのはロマンが有るので、旧式で頑張るのは非常に良いと思うな。
否、僻んでるんじゃなくて。
ホントに。
ホントだって。

そんな、僻んだ心を静かに隠し、アッチやコッチのMXコースへせっせせっせと走りに行ってるみたいなのだけども
やっとこれからシーズンイン!ってタイミングで、少々の休止を求められたっぽい。
指の骨折により、少々の休止を。

痛いよねぇ。
骨折ってやっぱ痛い。
箸持つのも痛い。
GPライダーはそれでも走るんだからやっぱ凄い人達だと思う。

幸いにしてGPライダーでも無ければAV男優でもないので、人差し指の一本が折れた所で生活に支障は無いし、そして無理して使う必要に迫られるでも無い。
まぁ数週間でくっつくので、静かにしとけばイイんじゃ無いの?って感じ。
モトクロスやってりゃ指の一本や二本は折れても仕方無いんだから。

気に成ったのは、ハンドルが変わってた事。
ちょっと曲がってた筈のレバーも新品に代わってた事。
そして右側のシュラウドも新品に代わってた事。

ふとその時私は思い出した。
そう言えばこの人、なんか熱心に動画見てたよなぁって事を。

ライダーは、色々ゴタゴタしてたけど、無事にスーパークロスに復帰したジェームズ・スチュアート。
別に曲芸してる訳でも、他人と違うオレって格好イイって童貞臭い思想に囚われた訳でも、ましてや高い所が怖い訳でも無い。
これは速く走る為にジェームズ・スチュアートが編み出したテクニック。
スピードは高く保ったまま、それでいて滞空時間を短くするべく生み出された、速く走る為だけに生み出されたテクニック。
その名はババ・スクラブ=Bubba Scrub
意味?
scrub a floorから取ったのかもね?
って説を今知った。
正直シランかった。

ちなみにBubbaとは、ヤンキー英語で言う所のブラザーのこった。

あ、そう言えばこの動画をなんか熱心に見てたよなぁ。
でもまさか、高校生の子供を持つおっちゃんが、動画に影響されて真似して怪我するなんて無いよね。
この真似してて、YZと自分との両方の右半身にダメージ負ったなんて事は無いよね。
Don’t Try This at Home
なんてわざわざ注意書きされなくても、イイ年した大人が動画の真似して怪我したりしないよね。
プロレス技かける小学生じゃ無いんだから。

そんな疑念を少々感じつつも、後方排気にちょっとした僻みと妬みを抱えるおっちゃんのさかむけた心に塩を擦り込むような真似は止めておこうかと思う。
せめて骨折が治るまでの間位は。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする