二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

自分でやれば必ずしも40ポンドの節約に成るとは限らない 2

   

 

自分でやれば必ずしも40ポンドの節約に成るとは限らない 1

前回の続き。

 

 

自分でやるのがお得か否か。
お徳か否かは別として、基本的に出来る範囲の事は自分でやろうと思ってる。
出来る範囲ではね。
幼い頃から今に至るまで、出来る範囲では自分でやろうと心がけている。
家建てたり手術したり、なんてのは流石に無理だとしても。

 

必要に迫られてやってただけで、必ずしも『自分の事は自分でやれ!』と、親にそう厳しく叩き込まれて育った訳では無い。
鴨川に鮭を捕まえに行ったりと、ヒグマみたいなワイルドな生き方してきた訳では無い。
庭に種籾も撒いてないし、YZにトゲ生やしてマダムから生八橋を強奪したり、なんて生き方もしてない。
八橋嫌いだし。

と、まぁそんなスパルタンな幼少期を強要されてた訳では無いけれども、貧乏人がモトクロスなんて始めたら、何でもかんでも自分でやらざるを得ないのは仕方ない訳で。
そうおいそれとバイク屋に行ける経済状況ではなかったので、ある程度までは自力でどうにかせねば成らない。
まぁお尻プリプリしながら鼻声でお願いしたらタイヤ交換位は周りの誰かがやってくれるんだろうけどね。
でも何かと気を使うので自分でやってた。
実は意外と気を使うタイプだったりする。

 

と言う訳で、タイヤ交換から焼きついたエンジンの乗せ替えから、概ね何だかんだは自分でやってるのだけど、それがお徳かどうかの基準で言えば、必ずしもお得とは言い難い。
民間人が二度と使わない可能性も多々ある特殊工具とか買い揃えたりしてたら、コスト面だけを見てもお得とは必ずしも言い切れない。
クランクケースなんてそうそう開けないし、チェーン交換で使う90ツールなんて民間人が持つにはえらく高いものね。
手間や時間まで加味したら、何でもかんでも自分でするのなんて愚行だと言えるかも知れない。
コスト面だけで見ても、プロに任せた方がお得な事なんてあれこれ有るのだから。

 

ただ、趣味なのでそれはそれで良いと思う。
特に用事も無いのに分解するのが趣味なので、それはそれで。
論理的になんて考えたら、考えるまでも無く壊れてないバイク分解するなんてただの愚行と断罪されてしまうのだから。
趣味よ、趣味。
得とか損とかって話では無い。
あくまでもただの趣味だ。

 

 

0601gyoza

餃子作った。
こちらは趣味ではなく、ただ純粋に経済性のみを追求して。
餃子を包む趣味なんて持ち合わせていない。

 

今回用意してみたのは150個。
50枚入りお徳用餃子の皮を3パック分。
通常は20個しか作らないのだけど、今回はその7.5倍。

一般家庭で150個も作ったら、そりゃもう凄いよ。
台所は餃子だらけ。
今にもジャッキーが窓を破って突っ込んできそうな雰囲気。
デブがそこらで肉まんつまみ食いしてそうな雰囲気。

 

通常の3倍どころか7.5倍も作ったのは、常人の7.5倍では済まないくらいに食べる人がやって来たから。
『オマエ、もう来るナ』と、シェラスコレストランのブラジル人に言われた経験を持つ、ブラックホールのような胃袋を持つ人。
歩くコンポストの名は伊達じゃない。

そんなディラックの海のような、動画収集マニアの外付けHDみたいな広大な保存領域を持つ彼に、1箱3000円ほどもする点天のひとくち餃子を食べさせる訳にも行かない。
その辺に生えてる草を入れて足で包んだような適当な餃子で十分だ。

 

車検もチェーン交換もタイヤ交換も自分でやればお得とは必ずしも言えないけれど、流石に餃子は自分で作った方が確実にお得だと思う。
餃子に関しては確実に自分で作った方がお得だろうと思う。
何ポンドの節約になるのかはともかく。

 

 

と言う訳で、餃子作った、ってだけの塩っぱい話でえらく長引いてどうもすみマシンでした。
心より謝罪申し上げます。
塩っぱい話でどうもすみマシンでした。

終わり。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE