超絶悲報!イアンノーネ BAN!

Iannone: I’m judged innocent but still given 18-month ban

Andrea Iannone has taken to social media to give his reaction to the 18-month ban he’s been handed following his FIM anti-doping hearing for a prohibited substa...

開催延期が相次ぎバタバタしてたFIMとその仲間達。
もうすっかりイアンノネーノの事なんか忘れてて、GP再開とともにシレっとそ知らぬ顔して復帰出来るんじゃ無いかって、そんな淡い期待は空しく18ヶ月出場停止と言う非常に厳しい裁定。

髪の毛からは検出されて無いとか、単なるアクシデントだったとか、ボディビルダーが使うようなステロイドをGPライダーには意味無いよとか。
そんな一時は楽観的な空気さえ有ったイアンノーネのドーピング問題。
結果はまさかの18ヶ月出場停止と言う、事実上の死刑宣告。
嗚呼....

資格停止期間は2019年12月17日からの18か月間。
2021年6月16日に晴れて出場停止は解除されるけれど、解除されるって言ってもね。
ホノルルマラソンじゃ無いんだから、出れるとしてもそうそうホイホイ出れる訳では無いのだから。
まぁホノルルマラソンでもドーピングしてたら出れないんだけど。

イアンノーネには幸せに成って欲しかった。
でも余りにも厳しい結果。
これがもしスペイン産の牛肉によるうっかりドーピングにマルク・マルケスがハマってたらどうなってたんだろうとは思うけれど、ともかく結果は結果。
スポーツ仲裁裁判所でまだワンチャン残ってるそうなので、イアンノーネはそれに賭けるしか道は無い。
このまま消え去るには余りにも残念だ。
是非とも最後のワンチャンを掴んで欲しい。
もしダメでも、来年の夏にどこかのサテライトチームに....どうだろうなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする