★閲覧注意★クラッチロー手術する

閲覧注意!

クラッチローがアームポンプの手術を行ったとか。

アームポンプ=コンパートメント症候群=筋区画症候群。
腕上がりとも言われる、バイク乗ってる時に前腕が猛烈に痛く成る症状。
詳しくはこちら↓

過去にはスペンサーやストーナー。 イアンノーネやドヴィチオーゾ。 最も有名なペドロサ。 多くのGPライダーを悩ませてきたのが所謂腕上が...

多くのライダーがこの手術を行ってるが、クラッチローはこれで2回目。
2014年に両腕の手術を行ってる。
今回は、開幕戦で左手首骨折した影響で右腕の負担が増えたのが原因だとか。

今回のリミニには出る予定だそうだけど、流石にちょっとしんどい。
と言う訳で、今回も我らが中上君に期待しよう。

ちなみに昨年のリミニの成績はFP3で6番手。
マルク・マルケスは欠場でクラッチローもしんどく、アレックス・マルケスはもうちょい待ってね状態な現状、我らが中上君には昨年よりさらに上に上がれる事を祈ろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする